酵素青汁111選と青汁の違い

酵素青汁111選 錠剤で飲む青汁

酵素青汁111選と青汁の違い

酵素青汁と青汁は、名前が異なっているだけではありません。
酵素が加えられることによって、不足する体内の消化酵素や代謝酵素を補って、健康維持や美容にも役立ちます。
古来から発酵食品は健康的な生活に欠かせないと言われていますので、酵素の働きは重要だと考えて良いでしょう。

酵素を加えただけで違いが出るのではありません。
酵素青汁111選の青汁に使用する原料と、一般的な青汁の原料に期待する効果についても比較してみましょう。

まず、一般的な青汁には、ケール、大麦若葉、明日葉、長命草、よもぎ、クロレラなどの原材料を使用しています。
次に、酵素青汁111選は、ケールや長命草、明日葉、スピルリナ、日本山人参といった一般的な青汁にも使う原料の他に、モリンガと言う栄養価の高い原料を配合することで、ポリフェノールやアミノ酸を始めとした栄養素が豊富に含まれる特徴を持っています。
共通しているケールにはビタミン類やカルシウム食物繊維が豊富、明日葉にはビタミン類やカルこんと言うポリフェノールの一種が豊富、長命草はビタミンやミネラルの他に、ポリフェノールの一種であるルチン、排尿促進の磯サミ人などが豊富に含まれています。

最も大きな違いであるモリンガは、非常に栄養価が高いことで有名な木です。
薬箱の木とも呼ばれていて、栄養価が高いだけでなくバランスの良さが特徴だと言われています。
そのため、一般的な青汁よりもモリンガを使用している酵素青汁111選は、栄養バランスの良いサプリメントとして使用でき、さらに効果にも満足の声が寄せられています。
しかも、106種類もの材料を使用して熟成した酵素が入っているため、健康にも美容やダイエットにも効果が期待できます。